月別アーカイブ: 2010年7月

リンク商品のカテゴリ名とイメージが勝手に変わってしまう

by danna (Posted 2010年7月31日(土) 6:33 am)
こちらではいつもお世話になっています。
どうしても自分ではわからない問題があったためどなたかご教授いただけますでしょうか?

商品情報のページにカテゴリのイメージとカテゴリ名を表示することができると思うのですが、商品のリンクを作成するとカテゴリIDの大きなカテゴリ名とイメージが表示されてしまいます。
表示がリンク元のみになってしまうのは理解できるのですが、リンク元のカテゴリIDが小さい場合でもリンク元のカテゴリ名が正しく表示できるようにしたいのですが可能でしょうか?

使用しているZencartのバージョンは1.3.0.2-l10n-jp-6、
主に英語をベースに使用しています。



共有SSLサーバーでZenCartを設置できました。

by (Posted 2010年7月30日(金) 12:17 am)
きたきつねさま

いや、なんでそこに気付かなかったのか、我ながらあきれました。
クッキーを初期化したりと試行錯誤してたのですが・・・。

今は、とりあえずクッキーを無効にして運用しています。
おっしゃる通り、サイトの頭からSSLにしてしまえばいいのですが、そうなるとサーバーの名前がドメインにもろ出しになる冴えないドメインアドレスになってしまうため、躊躇していました。
独自SSLの導入ができないサーバーなので、共有SSLしか使えません。kinoshita様が依頼されたサイトも同じレンタルサーバーを利用されていました。

とりあえずはセッションの設定をおっしゃるように指定し、クッキーを無効にして稼働させてみます。
SSLはやはり必須ですので。

ご指摘、ありがとうございました。助かりました。



注文管理における顧客への通知メールについて

by kokuyo (Posted 2010年7月30日(金) 5:41 pm)
ZEN CART on XOOPS をダウンロードして間もなくのkokuyoと申します。

商品登録をもっと効率よくしたいと思い、いろいろ探していて、ここにたどり着きました。

koto-tool さんが書きました:
早速仮インストールしてみました。

感想:最高っす(^_^)v

これで業務作業すごい楽になります!!

ありがとうございました。m(__)m

非常に興味があります。
ZOXに導入できますでしょうか?

データベース: MySQL 4.1.10
Zen Cart 1.3.0.2-l10n-jp-5
PHP バージョン: 4.3.8



Zen CartサイドボックスTwitter表示&商品ページつぶやきモジュールを作って

by keiko (Posted 2010年7月27日(火) 4:16 pm)
takaharaさま

ありがとうございます :D

できました :idea:

皆さま、いつもありがとうございます。
phpの基礎を もう少し勉強したいと思っています。
引き続きよろしくお願いいたします。

猛暑の折、皆さま熱中症にご用心くださいませ・・・・



Zen Cart携帯モジュール サポートスレ

by ゲスト (Posted 2010年7月27日(火) 4:32 pm)
開発者の皆さん、お疲れ様です。

Zen-cart日本語版1.3.0.2-l10n-jp-5を使用しています。

zen-cart.jp/snapshot にある zen-mobile-snapshot-2010-07-27
を先程インストールしていたのですが、

include/auto_loaders 内の

config.configuration_foerach_template.php
config.custom_mail.php
config.mobile.php

をアップロードしたところ、ショップのフロント画面が真っ白になってしまいました。
削除したら、元に戻りましたが、参考までに報告させていただきます。

config.configuration_foerach_template.php は、foreach
の綴り間違いでしょうか。

お体に気をつけて頑張ってください。
それでは。



共有SSLサーバーでZenCartを設置できました。

by きたきつね (Posted 2010年7月29日(木) 6:46 pm)
zen-cart-v1.3.0.2-l10n-jpを利用している事を前提に話します。
この問題は比較的良くある質問なのですが、ログインした状態だったりそう出なかったりするのはショップのドメインと共有SSLで利用するドメインが違うためにCookieでの情報維持が出来ないのでCookieを必須にした状態で運用していればドメインA(非SSL)でカートに物をいれた情報はドメインB(SSL)では空になるのが正しい動きです。
もし、これを簡単に回避したければ管理画面の一般設定 – セッション管理の設定 – クッキー利用を必須にする を False に設定してください。
そうすると非SSLとSSLページを行き来する時にURLにzenid=~~と言う引数が付くようになると思います。
クッキーが必須でない場合にはこの引数を利用して同一ユーザーとして判断するようになりますのでカートの中身やログイン状態が維持出来るようになります。

ただし!!
これを利用するとセッションハイジャックが簡単に可能となります。

金銭的な問題も絡んでくるでしょうが、利用されるドメインでSSL証明書を取得して利用するか、全てのページをSSLにしてしまうかのどちらかをお勧めします。

あと、これは共有SSLの問題とは別に通常のセッションID以外にもアクセスして来た顧客が本当にそのセッションIDの持ち主かどうかのチェックもしっかり行った方が良いです。
セッション管理の設定に存在するUser AgentチェックとかIPアドレスチェックとかも顧客の整合性チェックには有効です。
※ショップの運用形態に合わせて設定してください。

木下さんの紹介しているサイトではセッションに特別な情報(ログインやカートに物をいれる)等を行う時&それ以降を全て共有SSLにして有りますので、共有SSLでのセッションでもCookieを利用したセッション維持が可能になっているようです。
“ポイントは3つ” の部分を正しく理解すれば同じ事は出来ると思いますが、カートに入れる等のアクションは商品詳細ページのみではないので通常のZencartに適応するには書かれていない部分にも修正が必要です。
※商品一覧ページの今すぐ買うボタンとか色々有ります

ps.SSLのページに移行することが有るのはconfigure.phpでENABLE_SSLをtrueにしているからだと思いますよ



配送モジュールで宅急便がすごい値段になっちゃいます

by BANKS (Posted 2010年7月29日(木) 5:12 pm)
きたきつねさん、参考になります

送料なので、為替扱いは同じですよね
私が苦戦している、外貨でのオーダー修正と同じ扱いで悩んでました

edit orderモジュールで、多通貨仕様は有りましたっけ?
(別の件名となりますので、今後は別トビと致します)